読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@nzmt_i2o3

somebody up there likes you

500円以下のボールペンで、アイデアを素早く快適にメモしたい人向けの私的まとめ

お題「お気に入りの文房具」

 

趣味は何かと聞かれたら「500円以下で書きやすいボールペンを追求すること」と答えているんですが、ほとんど理解してもらえません。こんにちは。

 

前にこんなものを書きました。この頃からボールペン探しが趣味になっているのだけれど、このときからだいぶ僕のペン立てにならぶボールペンが変わってきたので、改めて続編を書くことにしました。

テーマは相変わらず「アイデアを素早く快適にメモしたい人向けのペン」

「どんなときに使うか」というのも付けてみたけど、これはまあ個人差ありまくる部分なので本当に参考程度に。興味があったら文房具屋もしくは書店で実際に試し書きしてみて、少しでもいいと思ったら、思い切って買ってしまってください。

あとあらかじめ伝えておくけど、ジェットストリームは紹介しない。

 

急いで思いつきを殴り書きしたいとき。

過剰なまでのインク供給で、筆圧をほとんどかけずにささっと濃い文字がかける。ノック式でないことと、リングノートのリング部分に挟めないのが難点だけど、書きやすさはすばらしい。

 

力の入れ具合で細い字も太い字もかけるペン。わりかし太く書けがちだけど、書きやすさ文字の途切れなさは優秀。 

 

 

しっかり考えたい時

ぺんてる ボールペン ハイブリッド  K105-GA 10本パック

ぺんてる ボールペン ハイブリッド K105-GA 10本パック

 

最初に紹介したeyeが、ちょっとインクが出すぎるな/もうちょっとブレーキというか抵抗がほしいな、、と思ったらこれ。eyeほどドバドバとインクが出ないけれど、なめらかに記述できる。

というか一番のおすすめペン。

ファンがとても多いらしい。知らなかったけど納得。

【不朽の】ぺんてる ハイブリッド【名品】

しっかりと考えたい時、秩序だった考え事をするときはこのペンにしている。先ほどのeyeやairでの殴り書きになれてしまうと、若干インク供給に不満を感じるけれど、他のペンと比べたらかなり優秀な部類だと思う。

しかもボディが細いので、リングノートのリング部分に差して持ち運ぶこともできる。お気に入りのリングノートの紙質と相性が合うならこんなにいいペンはないと思う。特にぼくは筆箱を持ち歩かない派なので、ニーモシネA4方眼にこのペンを差して持ち歩いてる。

マルマン ノート ニーモシネ A4 方眼罫 N180A

マルマン ノート ニーモシネ A4 方眼罫 N180A

 

 

 

 

思いつきをつらつらと書きたい時/まだ頭がそんなにまとまってない時

いやこれボールペン違いますやんというツッコミは控えて下さい。

インクはどばどば出て欲しかったり、もっとなめらかな書き味を追求するならこれ。 アイデアをつらつらと考えたり、連想を続けるときにメインに使っている。プラマンシリーズは筆ペンのような独特の書き味をしていて、人に勧めるけど好みが別れる。ちなみにトラディオ・プラマンの廉価版です。 

 ただプラマンのほうが、トラディオ・プラマンより細い字がかけるので、個人的にはプラマンの方を押している。ただデザインが渋過ぎるのが若干のネックですね…

 

 

漫画家の方が使われるペンのようですが、アイデア出しにも役立ちます。0.05から1.0まで太さがあって、個人的には0.2か0.3あたりが細すぎず太すぎずでちょうどよいかと。お店によっては試し書きできないので、ぺんてるのサインペンみたいな太さが欲しい人は0.4か0.5を、そうでなければ0.2あたりをおすすめしておきます。

 

 

Post-It専用

皆さんご存知のぺんてるサインペン。上に紹介したペンでもいいけど、Post-itはこれじゃないとダメだと思っている。特にパワーポイントなどのスライドづくりのときに構成を考えるためにこの組み合わせをよく使っていた。いつか箱でまとめ買いしてみたい。

 

 

若干油性寄りの書き味が欲しい時/落ち着いて考える時/普段のボールペンとは違う気分で書きたい時

比較的インクがドバドバ出ないけど、しっかりと掠れずに書けるペン。どうしても上に紹介したペンになじめないならこのあたり。

 

正直お店ではほとんど見かけないんだけど(関西学院大学の学生協で唯一見かけてる) 上に紹介したプロテックの廉価版だと思うけど、青でシンプルな見た目がかわいいので、こっちのほうが好きだったりする。書き味はほぼ同じ。

 

使ってないけどこの辺もアリだと思うペン

ノック式と比較的インクもかすれにくい。0.5より太いほうが個人的にはおすすめ。あとブルーブラックの色があるのも素敵。黒だと目当たりがキツイけど、青じゃ明るすぎるっていうボールペン好きのツボを抑えてくれている(ような気がする)

 

 

以上、こんな感じ。紹介していないのもいくつかあるけど、それはまた機会見つけて次回書くことにします。では。