読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@nzmt_i2o3

somebody up there likes you

便利そうな発想ツール

便利なものをみつけた。

 

いきなり結果を出す→今日書き終えるためのショートショートの書き方マニュアル 読書猿Classic: between / beyond readers

 

(1)小説(短篇集だと効率がいい)や雑誌の記事のタイトルを集めて抜き出す。
(2)集めたタイトルを分解する。たとえばタイトルを修飾語と名詞に分ける。
(3)バラしたぞれぞれを(上の例なら修飾語と名詞のリストからひとつずつ取り出して)組み合わせる。

(4)組み合わせの中に〈光るもの〉が見つかるまで(3)を繰り返す。

 これだけである。
 修飾語と名詞のリストから、1つずつずらして総当りでもいいし(江坂本ではExcelでやっている)、簡単なランダム組合せの仕掛けをつくっておいてもいい(いろいろ使えるので)。

 Excelでつくったのをここ(ファイル名text-randomizer.xlsx 266KB)に置いた。

http://psychotoolbox.web.fc2.com/text-randomizer.xlsx

 

最後にはったURLから、読書猿さんがつくってくれたExcelで、アイデアの組み合わせみたいなことが出来る。(お辞儀をしながらDLしよう)

問題は、自分で言葉をいくつか設定しないといけないこと。そのあたりはうまく活用しよう。個人的には名詞のほうをアイデアが欲しいものにして、修飾語のところを形容詞にしてみるのがいいのかと思う。ベタだけど「食べれる〜」とか「被らないといけない〜」みたいなの。

もしくは、ちゃんとした修飾語+名詞という構造にしなくても、例えば二項対立のフレーズとアイデアを考えたい対象(名詞)の組み合わせシートにしてもおもしろい。(例:主観と客観+椅子)

色々と組み合わせが広がるね。

 

 

こういうの使っておまえはすごいアイデアを生み出してるのか?と聞かれたら全然そんなことない。というか、確かにこういうものに頼ってる時点で凡才感MAXだし、仮におもしろいこと思いついても「はいはいツール乙」みたいなことを思われる。

 

微妙に納得行かないよね。

 

だけども、そういう指摘にも頷くところがある。僕もこういうツールを使って面白いことが思いついたことがあまりない。アイデアをひねり出すというよりは、頭が凝り固まった時に、こういうツールを使ってほぐしたいときに気分転換的に使うもの。

もしくは、1人で考えてて頭が詰まった時に新しい視点を得るために使うといい感じ。

 

まあ、そんなカタく考えずに便利なもんは使ったら良いよね。