読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@nzmt_i2o3

somebody up there likes you

文系、文型、

これのつづき。

nzmt-i2o3.hatenadiary.jp

引き続き、元美大生とのやり取りの話です。

いちおうぼくは広告業界に入ったのですが、知らない人からは「コンセプトガ〜」とか「インサイトガ〜」みたいなことをガンガン飛び交う世界を想像されているようです(まあD通のコミュニケーションなんたらセンターとかになれば別なんでしょうが)そんなことにはまだなっていません。

なので、社外活動でそういうことを色々と考えています。というか考えたくて、元美大生と組んだり、そういう諸々をしているというわけです。

 

制作とかは彼女のほうに圧倒的に比較優位があるわけで、その中で僕に何が出来るか考えると、考えたアイデアをうまくフレームワークだとか記述形式に則って書き直したり、コンセプト文を書いたり、がなりました。

得意ではないのですが、苦手ではない分野です。

イデアの整理だったり、コンセプトの記述について、いくつか便利だな、と思うフレームワークがある。その中でも極めてありきたりで、誰もが知っているはずなのに、皆あんまり意識的に使わないものがある。

その一つが文型。SV、SVC、SVO、SVOO、SVOC、ってやつ。

これがコンセプトみたいなものを記述する際に非常に役立ったし、役立っている。

※あらかじめ言っておくと、ぼくは英語がしゃべれない。ただ筆記の方はそこそこの国立文系に入るのに苦労しない程度だったので、まあ、少しくらいなら語っても許されるだろう。

 

基本の5文型が役立つには2つの理由があって、

  1. 異なる言語で記述しようとすることで、アイデアなりコンセプトを構造的に考えられるようになるから。
  2. 曖昧とした状態で捉えがちな主体、客体、行動、状態を意識することができるから。

ぼくは日常ではとびきりの説明下手なのだけれど、コンセプト文だったりを書くと褒めてもらえる。

 

やり方は極めて簡単で、いま自分が考えていることを、以下のフレームワークに則って記述するだけ。

【S】が【O】を【V】して【C】する。(もしくは【S】が【O1】に【O2】を【V】する。)

※自分なりにわかりやすくするために、多少改変しているので、元々の基本5文型とはちょっと違うかもしれない(というか昔すぎてだいぶ覚えていない)ちゃんとしたものは自分で調べて欲しい。

 

つまりは、あるプロダクトだのサービスだのをつくったの/行う主体はS=誰(企業、ブランドetc)で、それはO=誰(どんなターゲット)に向けて、何をV=する(行う行為、give,makeなど)のか、そしてその結果、OはC=どういう状態(価値、気分、感情)になるのか、ということを構造的に考えることが出来ると思う。

 

とまあ、なんか若輩者が偉そうにフレームワークみたいなことを語ってきたけれど、まあぼくまだ実績ないんで、効果は一切保証しません。

 

そういえば、美大生と組んだ案件、終わりました。とても楽しかったです。

 

英文解釈のトレーニング 必修編

英文解釈のトレーニング 必修編

 

高2の時にこの本読んで、ようやく英語の構造がわかった。センター試験英語180点くらい余裕でとれるようになりました。もう廃版みたいで超残念。