@nzmt_i2o3

somebody up there likes you

映画「何者」をみた。

映画「何者」を見てきました。朝井リョウ原作、就活をテーマにしたあの話題作です。安心してください、ネタバレはします。先に結論から言うと、僕としては原作を読んでほしいです。衝撃度が断然上です。


『何者』予告編

 

映画と小説の比較

ストーリーとして楽しむなら・リアルな感じを愉しみたいのなら小説版のほうがおすすめです。映画は中田ヤスタカの音楽と二階堂ふみのハマり具合を楽しみましょう。

 

ただ、作品中に登場する「あーいるわ、こういうイタイ奴」描写は小説よりも映画のほうがビジュアルとして提示される分、より抉られ度が高いです。そして小説はいったん閉じてトイレに行けるけど、映画館は出れません。故に意識高い経歴持ちにとっては拷問の時間です。「やめてくれぇぇぇぇ」と心のなかで絶叫すること間違いなしです。ぼくはものすごく抉られました。思わず叫びそうになりました。あと僕名刺作ってましたスミマセン。就活用じゃないし、ちゃんと目的アリだけど。

 

映画の装飾と、ドキュメンタリー性の退色

一方で、サワ先輩(山田孝之)の「おまえのほうこそもっと想像力があると思っていたよ」は、映画だと感情を込めたセリフだったのに対し、原作ではやや冷静に突き放すような描写だったなど、

映画のほうは、エンタメとしての昇華分を感じます。また後半のオチ部分からの演出は特に映画だからこそ出来たとも言えるし、映画にしてしまった分、エンタメに振りすぎたために、原作派としては寂しさを覚える演出になっています。

 

あくまで僕の解釈にすぎないけれど、小説「何者」はストーリーを進めつつ、小気味よく抉りをはさみつつ、エンタメ作品として成立させながらも、どこかドキュメンタリーのようなリアルさを淡々として描いているのが魅力であったと思う。

映画「何者」は装飾が多いというか、「いやいや、そこの台詞は大げさに言うところじゃないでしょ実際は」「もっと淡々としたトーンで言うところじゃないのそこ」みたいなポイントが多かった。これは媒体と受け手という問題(映画と小説の購入者の違い)に帰着するのかもしれない。簡単に言うとリアルさがない。

 

あと記憶が薄いが、原作は確かビターエンドだった気がする。結局主人公は報われなかった気がする。映画は後味がよくないんだけど、なんとか報われた感じを出そうとしている点がちょっとよくないのかもしれない。

 

作品中の好きな言葉

自分を無理やり作品中の人間に重ね合わせるとしたら、おそらく僕は二宮拓人(主人公/佐藤健)が最もタイプとしては近くて、いちばん心を震わされたのは、田名部瑞月(有村架純)だと思う。

 10点でも20点でもいいからだしなよ、過程を見てくれる人なんてもういないんだよ

正確には覚えてないけど、こんなことを瑞月がいっていた。就活を経て大人になったらもう過程をみてくれる人なんていない。とにかく作り続けて、出し続けて、人に見せ続けて、笑われ続けて、批判をされ続けて、それでもめげずに作り続ける。

販促会議賞の企画書も公開したのも、その台詞に影響されてる所が多い。このブログも

書くのやめようかと思ったけど、10点でも出すことにした。

 

まとめ

色々といったけど、就活生の気持ちが知りたいと思っているオジサンや、ちゃんと作品を味わいたい人は小説を読もう。体力がない人は映画を見よう。カップルで見に行くのはやめよう。がんばってる就活生は精一杯就活をした後に見に行こう。メタ就活しがちなやつは事前に見に行こう。