読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@nzmt_i2o3

somebody up there likes you

ララランドは結ばれなかったバクマン。だと思った話

ララランドを読んでテンションが上がったので、勢いでそのまま書きます。推敲はしません。


「ラ・ラ・ランド」本予告

 人から伝え聞いたこの作品のイメージは「たぶんめちゃくちゃこのカップルが踊る、インド映画みたいな感じの映画。全体的に陽気で愉快でハッピーな感じ」というものでした。

確かに最初の10分くらいはめちゃくちゃ陽気だし、このままガンジス川いってもおかしくないような感じでした。だけど、半分を折り返したくらいから気づきます「あれ、これインド映画じゃねぇぞ」と。(いや当たり前なんだけど)

 

簡単にあらすじを説明すると、女優を目指してオーディションを受けまくって落ちまくってる主人公女と、自分の理想の店をつくりたくてしかもむちゃくちゃピアノうまいけど、こだわり強すぎてうまくいかず貧乏暮ししてる男が、何度も偶然に出会い、お互いの才能を信じあい、ともに夢の実現に向かって頑張る話。

 

このあらすじを書いていて、あれ、これバクマンじゃね、と思いませんでした。僕は見ていて「これバクマンじゃん」と思いました。「いや全然チゲェだろ」という人もいるんだろうけど、僕は大きな声で言いたいです、これはバクマンです。結ばれることがなかったサイコーと亜豆の物語です。

 

 

URL貼ったのは映画版のほうですが、原作バクマンで、主人公サイコーと亜豆は紆余曲折ありながらも、お互いの夢を叶え、中学生の頃に交わした「夢が叶ったら結婚しよう」という約束を大人になって無事成就させます。サイコーは漫画家、亜豆は声優。二人ともつくる仕事です。

(以下、ララランドネタバレ)

 

一方で、ララランドは成就しません。オチから先にいうと、二人とも夢を叶えます。主人公女は才能を認められ、アメリカからパリに移り、女優として若くして有名になります。一方で男も主人公女がパリで活躍している間に、自分の理想の店を持つことができます。

しかし、女はその間に別の男と結ばれ、子供ももうけていました。そして、女は新しい夫と偶然立ち寄ったジャズバーが男の理想の店だったと知ります。見つめ合う二人、男は横にいる夫を見て、彼女との再会と別れのために、最初に彼女と出会った思い出の曲を弾きます。そして、もし二人がバラバラでなく同時に夢を叶えていたらどうなっていたのか、というもしものストーリーが流れます。このあたりで僕は完全に涙腺が崩壊しました。

 

これはバクマンなんです、二人で一緒に夢を叶えようと、亜城木夢叶という名前までつけたはいいが、結局二人とも別々に夢を叶えて、一緒になることができなかった二人の物語です。

 

そして、ララランドの見所は夢が叶うまでの二人がともに無根拠にお互いを信じ合うシーンです。とうとうと語ろうにも、すべてしおたんが書いてたので、もうそのまま貼る、そう、そうなんだよ、信じてくれるのは根拠をくれるのはお互いだけなんだよ。

 

最後にひろのぶさんの「バクマン。」のレビューを貼ります。

この映画に、もしピンと来なかった人がいたら、いつの日か、何かと戦ったあとにもう一回、観てください。勝っても負けてもいい、寝ないで戦った人、見えない誰かと戦った人、つい寝てしまったけど遠くから声が聞こえた気がしてもう一度起きて戦った人、この国で、この世界で、何でもいい、たとえ鼻くそダーツ選手権でもいい、何かの「一位」を目指して戦った人は、もう一回、この映画を観てください。

ララランドで泣いちゃう人は、かつて、もしくは今、自分の才能を無根拠に信じたくて、信じられなくて、虚勢を張って、それでも夢に挑んだ人たちじゃないかと。そういう人にはくそ刺さる映画だ。

 

夢があって、そこに向かって何度かくじけている人はいますぐ1800円を握りしめてララランドを見るべき。凹んだ日こそ特に。明日からまた頑張れるようになるよ。